JA静岡厚生連 するが看護学校

お知らせ

201803/02

リエゾン活動を実施

卒業式前日、3年生が後輩たちに「3年間学んできた温かな看護とは何か」と題して、自分たちが

経験した学習や実習を基に発表を行いました。

その後、グループに分かれて国家試験までのスケジュールや学習・実習等の学校生活について

Q&A方式でアドバイスを行いました。

このリエゾン活動は「連絡」・「連携」・「つなぐ」・「橋渡し」の意味を持ち、1回生から継続

している活動です。  3年生から聞いた貴重な経験談を1・2年生は今後にぜひ生かしてもらいたいと

思います。

DSC_0055

ページのトップへ