JA静岡厚生連 するが看護学校

卒業生・在校生の声

第1回卒業生

静岡厚生病院勤務

私は「誰からも信頼される看護師になりたい」という夢を持って看護の道へ進みました。しかし、看護学生になりー番に衝撃を受けたのは勉強の内容です。初めて聞く医療用語や解剖など、全てが今までの勉強とは違い、正直不安でいっぱいでした。そしてその不安は的中···、成績の良くなかった私は国家試験直前まで先生を困らせていました。

また、医療現場での実習もとても思い出に残っています。最初は患者さんとも上手に話せず、自分は本当に看護師に向いているのかと疑問に思ったり、実習記録に追われる毎日が嫌になってしまった事もありました。しかし、看護師になろうとー緒に頑張っている仲間に支えられ、どんなに辛い事も乗り越えることが出来ました。そしてなによりも患者さんの「ありがとう」という言葉と「笑顔」にー番助けられたと思います。

私は無事国家試験に合格し、今は看護師として働いています。勉強の毎日で覚えることがとても多いのですが、少しずつ出来ることも増え、患者さん一人一人に合った看護を考えられるようになってきました。また、私の勤めている外科病棟は、お互いに何でも言い合える良い関係の為、一人で出来ない事でも助け合って看護を行う事が出来、毎日がとても楽しく充実しています。さらに、系列の病院へ就職した為、学生時代から共に頑張ってきた仲間とまたー精に成長していけるという楽しみもあります。

このような素晴らしい環境で、自分の夢だった仕事が出来ていることを誇りに思っています。私はこれからこの病院で学び、成長していきたいと思います。

第1回卒業生

清水厚生病院勤務

私が入学した時は1回生であることから、見本となる先輩の存在がなく、看護というものが何も分からないどころか、看護学生としての生活がどんなものかも分からない所から始まりました。

そして、実習や試験勉強など様々な壁にぶつかる私たちを先生方はいつも根気強くサポートしてくださいました。学校の先生方や実習先の看護師の方々、講師の先生方、家族や仲間など大勢の方たちに支えられながら実習や国家試験を乗り越え、今、看護師として勤務している私がいます。卒業して改めて「本当に大事に育てられてきたんだなあ」と感慨深く思います。するが看護專門学校では「あたたかい看護」を座学だけでなく日常生活からも学ぶことが出来るのではないかと思います。

第3回生

「困っている人を助けたいという想いから」

私は、高校1年生の頃に通学の電車内で目の前で人が倒れてしまった時、どうして良いか分からず電話をすることしか出来なかったことをずっと後悔していました。その出来事がきっかけとなり、困っている人にすぐ対応出来る看護師になりたいと思うようになりました。

第1志望として地元に近い看護学校も受験し、本校は第3志望でした。しかし、受験が終わった時には、「この学校に入学したい」と思うようになっていました。そのきっかけとなったのは、2次試験面接での前学校長の言葉でした。苦手な面接を人一倍練習していたのに推薦の受験に失敗してしまった事を話した私に対して、「面接は練習すれぱ形にはなる。しかし、私たちはそこを見ているのではない。その人の性格や今までの経験を見て、間いて、その人にいかに自分の知識や技術を教えてあげたいと思うかだよ」と言ってくださいました。こんな素敵な学校長がいる学校で看護を学べば、自分の理想とする看護師に少しでも近づけるのではないかと期待をよせて本校への入学を決意しました。

入学して1年が経ち、学習量の多さ、臨地実習の辛さなどを経験しました。しかし、同期の友人、先輩方や先生方のおかげで一つ一つ困難を乗り越えることが出来ました。また、辛い経験以上に、感動や喜びと同時に得られる貴重な体験がたくさんあるので、看護学生としても、人としても成長できたと感じています。得た経験を活かして残リの2年間も日々努力していきたいです。

第3回生

「患者様に寄り添うことの出来る看護師を目指して」

私は、高齢者福祉施設で働く看護師さんに憧れを抱き、看護師を目指しました。

ボランティア活動で老人ホームに伺った際、認知症の患者さんにその御家族と間違われ、困ってしまいました。そんな私を見かねた看護師さんは、患者さんの意見を全て否定することなく、優しく諭していました。介護福祉士さんもいる老人ホームでは、看護師は医療行為だけをすればいいと思っていた私にとって衝撃的な出来事でした。その姿を見て、私も患者さんの思いに親身になって寄り添うことの出来る看護師になりたいと思いました。

本校は、温かい看護を実践するため、主体的に学ぶことを教育理念にしています。私はこの3年間で知識と技術を学び、患者さんに対して、どのように接するべきか自分で考え、最善の方法をつくせるよう日々努力していきたいと思います。そして将来は、優しさと機敏さを持つあの看護師さんのように、高齢者福祉施設で働きたいです。

第4回生

「夢を実現するために」

私が看護師になりたいと思ったきっかけは、幼い頃よく怪我をして病院を受診した経験からです。当時はそこで何をされるのだろうと不安でいた幼い私に、近くで寄り添い励ましてくれたのが看護師さんでした。その看護師さんの温かく優しさに溢れた対応と、冷静かつ迅速に仕事をこなしている姿を見て、私も将来こんな看護師になりたいと思いました。

そのため、本校に入学することが出来たということは、夢である看護師への大きな第一歩であり喜びを感じています。しかし、入学の喜びと共に勉強についていくことが出来るのかという不安もあります。專門学校の勉強は高校の時の勉強とは違います。講義や実習を通し、看護師に必要な知識、技術、そして経験を基礎からしっかり積み上げていくことが不可欠であり、最終的には国家試験での合格が求められるからです。

しかし、私の周りには先生方や先輩の皆さん、そしてクラスの仲間がいます。先生方は優しく丁寧に学習面での指導をして下さり、先輩の皆さんは自らの経験を活かしたアドバイスをくれます。そしてクラスの仲問とは同じ志である看護師という目標に向かって切磋琢磨し、この学校生活を過ごしていくのです。私にとってこれほど心強い存在はいないと思います。

これから先、たくさんの壁にぶつかっていくと思いますが、どんなに辛く苦しく、挫折しそうになっても周りには手を差し伸べてくれる人達がいます。そんなみんなと看護への道を歩んでいきたいです。

第4回生

「夢に向かって」

私は高校1年生の時に参加した1日ナース体験がきっかけで看護師になることを目指しました。患者さんのケアのお手伝いをした際、患者さんから「ありがとう」と言葉をかけてもらいました。自分の務めを果たせているのか不安だった私は、患者さんからの言葉に心が温かくなり、看護職へのやりがいを感じました。

看護師さんは診療の補助業務だけではなく、患者さんの身の回りのお世話をし、病気で苦しむ患者さんに声をかけ、優しく寄り添い励ます看護師さんの姿があリました。その姿を見て私も人の役に立つことの出来るこの仕事に就きたいと思いました。

高校とは違い、授業は專門的で勉強量も増えて大変だと思いますが、看護師になるという目標があり、同じ目標を持つ仲間がいることで意欲を持って取り組むことが出来ます。また、的確なアドバイスや温かな指導をして下さる先生方がいらっしゃいます。3年間の学校生活の中で悩んだり挫折しそうになる時があるかもしれませんが、主体的に学ぶ姿勢を忘れず、仲間と共に壁を乗り越え頑張りたいと思います。

ページのトップへ