JA静岡厚生連 するが看護学校

学校の概要

あいさつ

人間を対象とする専門職業人の育成を目指す看護基礎教育では、学習者が望ましい成長を遂げるために、
専門職業人としての知識・技術の修得だけでなく、人間形成が重要な位置を占めます。。

本校では、人間形成の基本に「生命に対する畏敬」を置き、豊かな人間性を育てることを理念に据えました。

また、卒業後地域の保健・医療・福祉の各分野を担う看護職の育成に当たっては、
「温かい看護の実践」ができる人材の育成を目指します。対象が温かいと感じるためには次の様な条件が
必要と考えています。

「温かい看護の実践」における必要条件

  1. 人間としての尊厳が守られていること
  2. 身体的・精神的・社会的に統合された存在として理解されていること
  3. 提供される看護が安全・安楽であること
  4. 看護専門職としての高い技術の提供によって、対象の状態が少しでも
    改善に向うこと
  5. 時代のニーズにあっていること

医療・看護職を取り巻く環境は、めまぐるしく変化しています。

医療従事者としての責務を負っていることは、勿論のこと、この時代の変化についていくためには、
自ら学び続ける姿勢が欠かせません。

上のような人材の育成に向かって私達教職員は、学生一人ひとりの人格・能力を大切にし、学生と共に学び成長できるよう愛情をもって関わるとともに、皆さんが主体的に学べる環境作りを目指しています。

ページのトップへ